トップページサイトについて掲載について問合せサイトマップ歯科関係の方へ

歯周病


虫歯ではないのに歯が抜けてしまうのが歯周病です。
35歳以上の約8割が歯周病だとも言われています。

「歯周病」は、サイレント・ディジーズ(沈黙の病気)と呼ばれています。
歯周病とは、その名の通り「歯」の「周り」の「病気」です。
歯を支えている骨が溶けてしまう病気で、以前は歯槽膿漏とも呼ばれていました。
歯垢(プラーク)中の細菌が、歯周ポケットと呼ばれる歯肉の下に隠れて増殖し、歯を支えている骨や周りの組織を破壊し、歯が抜けてしまうことになります。
歯周病の初期には自覚症状がないため「沈黙の病気」と呼ばれ、自覚症状が出始める頃には重症となっているケースもしばしばです。


〜歯周病になり歯が抜けるまで〜
1.食後、歯の表面に残った食べかすによってできた歯垢(プラーク)により、細菌が増殖する。
2.この細菌によって、歯ぐきに炎症が起きる。→歯肉炎
3.歯ぐきの炎症が進むと、歯を支える骨にまで広がり、炎症を起こす。
4.その後、歯槽骨などを支えている周りの組織を破壊し、歯を支えられなくなる。→歯周炎
5.最後には歯が抜けてしまう


歯周病兆候チェック
こんな症状があったら歯周病の前兆です。早めにお近くの歯医者さんにご来院ください。
○朝起きると、口の中がネバネバする。
○歯を磨いていると、歯ぐきから血がでる。
○歯を磨いているのに、口臭が気になる。
○歯ぐきの先端が赤くはれている。
○歯と歯の間にすき間ができてきた。
○歯がグラグラしている。


歯周病の治療方法
歯周病の原因は、歯垢(プラーク)による歯周病菌の増殖です。
この歯垢を除去することが主な治療となります。
1.スケーリング 歯垢を、スケーラーという器具を使って取り除きます。
2.ルートプレーニング スケーリングでは除去できなかった場合に、歯垢によって感染した歯質を特殊器具を使って取り除き、その表面をなめらかに仕上げます。
3.その他 歯垢が付着してしまう原因により、各人の治療方法を検討します。
以前の虫歯の治療が不完全であったり、新たに虫歯ができていた場合など、その治療を行います。

歯周病は放っておくと、どんどん悪化していきます。
歯周病が原因で、糖尿病合併症となったり、脂質異常心臓病動脈硬化を引き起こします。
自覚症状が少ないだけに、日頃から定期健診を受け、早めに治療してもらうことが重要です。


【予防法】
歯垢を完全に取り除き、清潔にすることが重要です。
1.食後の歯磨き
食後の歯磨きをかかさず、常に口の中を清潔に保つことが重要です。
また、自己流の磨き方ではなく、磨き残しのない正しい歯磨きを徹底しましょう。
2.よく噛んで食べる
よく噛むことで唾液の分泌が促進され、歯周病菌を洗い流してくれる効果があります。
3.健康的な生活習慣
免疫力が落ちていると、歯周病菌に感染しやすくなります。
バランスのとれた食生活、定期的な運動、十分な睡眠、ストレスをためないことなど、自己の免疫力を高めましょう。
また、タバコは口内の免疫機能を低下させます。禁煙することも歯周病予防には大切です。
4.歯科検診を受ける
早期発見、早期治療のためには、日頃からの定期健診が重要です。


治療あれこれ

医療費控除

健康保険、医療費控除は、麻布合同事務所のページへリンクされています。