トップページサイトについて掲載について問合せサイトマップ歯科関係の方へ

虫歯


「虫歯」の原因は、歯垢(プラーク)です。

虫歯とは、歯の表面に残った食べかすによってできた歯垢(プラーク)により、細菌が糖分を利用して酸を作り、その酸によって歯が溶かされる病気です。
この細菌は、ミュータントと呼ばれ、口内に存在し、歯を磨くことでその数を減らすことはできても、完全に取り除いてしまうことは困難です。


虫歯の進行
健康状態 歯の表面を覆っているエナメル質には何の症状もありません。
初期〈C1〉 歯の表面のエナメル質に黒い着色や白い斑点ができ始めますが、自覚症状はなく、ほとんど気づかれません。
中期〈C2〉 虫歯が、エナメル質から象牙質にまで進行した状態です。
冷たいものや甘いものがしみるといった自覚症状が現れ、虫歯になったと気づくことになります。
後期〈C3〉 虫歯が、象牙質から歯の神経にまで進行した状態です。
熱いものがしみるようになり、激痛が走り、夜寝ているときにもズキズキ痛みます。
末期〈C4〉 歯の大部分が溶けてなくなり、神経は死んでいて、歯根だけが残っている状態です。
治療は難しく、歯を失うことにもなりかねません。

このように、虫歯にならない為にも、日頃からの正しい歯磨き(プラークコントロール)が重要になってきます。
プラークコントロールをしっかり行うことによって、歯垢や口内の細菌を減らす努力をしていきましょう。


早期発見・早期治療
こんな症状があったら虫歯の前兆です。早めにお近くの歯医者さんにご来院ください。
○冷たいものや甘いものがしみる
○時々歯が痛む
○歯の表面が茶色く濁っていたり、又は、白く濁っている
○舌でさわると引っかかった感じがする
○歯の隙間に食べ物がよく詰まる


虫歯の治療方法
初期→ 充填材をつめる
初期の虫歯の場合、虫歯を削り、樹脂をつめ、穴を塞ぐことにより、ほとんどの場合、処置は1回で終了します。
中期→ 金属やセラミックの型をはめ込む
中期の虫歯の場合、虫歯を少し深く削るため、つめる方法では対応が難しく、金属やセラミックなどを歯の一部分にはめ込む方法が取られます。
この場合、型を取る必要があることから、最低でも2回の処置が必要です。
後期→ 金属やセラミックなどを被せる
後期の虫歯の場合、欠損状態により周囲の歯を削り、金属やセラミックなどを被せることにより、処置を施します。
同様に、型を取る必要があり、虫歯の治療を終えるまでには数回の通院が必要です。


治療あれこれ

医療費控除

健康保険、医療費控除は、麻布合同事務所のページへリンクされています。