トップページサイトについて掲載について問合せサイトマップ歯科関係の方へ

入れ歯


「総入れ歯」「部分入れ歯」
「総入れ歯」とは、歯が1本もない状態の入れ歯のことをいい、総義歯とも呼ばれます。
「部分入れ歯」とは、歯の一部が残っている場合に、残っている歯に留め金をかけることで装着する入れ歯のことです。


保険適用の総入れ歯
義歯床(入れ歯の土台)がプラスチック製のものです。
[レジン床義歯]
長所

保険適用の為、費用が安い。
補修がしやすい。

短所

プラスチック製の為、強度を補う必要から、厚みが生じます。
付け心地には違和感が生じる。
年齢とともに徐々に合わなくなり、定期的な調整が必要。
熱の伝わり方が低く、食べているときの満足感に欠ける。



自由診療(保険適用外)の総入れ歯
[金属床義歯」
義歯床(入れ歯の土台)が金属製のものです。
長所

金属製の為、プラスチック製のものより強度があり、入れ歯を薄く仕上げることができる。
違和感が少なく、比較的安定している。
金属製の為、熱が伝わることで、食べているときの感覚をより自然に近い形にすることができる。

短所

保険適用外の為、保険適用のものと比べて、費用が高めとなっています。
プラスチック製同様、年齢とともに徐々に合わなくなり、定期的な調整が必要。
補修が難しい。

[シリコーン義歯]
義歯床(入れ歯の土台)の一部がシリコン製のものです。
長所

入れ歯が当たることによって生じた痛みを軽減できる。
保険適用のものと比較して、機能性に優れ、比較的安定して使用することができます。

短所

保険適用外の為、保険適用のものと比べて、費用が高めとなっています。
汚れが付きやすい。
補修が難しい。

[(磁性)アタッチメント義歯]
アタッチメント(磁石)を組み込み、入れ歯を固定させます。
長所

安定感があり、噛む力を高めることができる。

短所

保険適用外の為、保険適用のものと比べて、費用が高めとなっています。



治療あれこれ

健康保険

医療費控除

健康保険、医療費控除は、麻布合同事務所のページへリンクされています。