トップページサイトについて掲載について問合せサイトマップ歯科関係の方へ

インプラント


インプラントとは、歯を失った後、人工歯根の埋め込みにより、人工の歯を取り付け、自然の歯に近い状態を再現させる治療方法です。

インプラント「implant」とは、移植という意味で、人工の歯根(チタン製)をあごの骨に埋め込み、その上に人工歯冠を装着します。
機能的にも、外観的にも、自然の歯に近い状態を再現でき、食べる楽しみを取り戻すことができます。


※失った歯の治療方法は、主に以下の3通りです。
1.部分入れ歯
保険適用の部分入れ歯

人工歯と金属のバネを他の歯に引っかけることで、人工歯を装着します。
外観は金属部分のバネが見えてしまったり、装着にあたっては違和感を覚えます。
咀嚼能力は天然の歯の3分の1程度となっています。
また、年齢とともに定期的な調整が必要となってきます。

保険適用外の部分入れ歯

歯科医院によってその種類はさまざまで、装着が目立たないものであったり、機能的に優れたものが開発されています。


2.ブリッジ

他の歯を橋げたにすることで、人工歯を装着します。
入れ歯同様、保険適用のものと保険適用外のものがあり、保険適用についてはその治療内容が細かく規定されています。
歯列の安定したつながりと噛み合わせを回復することができるが、他の支台となる歯を削ることになるため、他の歯に多少の負担を与えることになります。


3.インプラント

インプラント治療は保険適用外となっています。
治療方法自体は一般的となってきていますが、国の医療費の財政負担等の関連もあり、保険適用外となっています。

インプラントの長所

自然の歯に近い状態が再現でき、自分の歯と同じような感覚で噛むことができる。
外見的にも自分の歯と同じような状態である。
長期間安定した噛み合わせを維持することが可能。
健康な他の歯を削ることがない。

インプラントの短所

インプラントオペ(手術)が必要。
人工歯根を骨に定着させるため、治療期間は比較的長期となる。
保険適用外のため、その治療費は保険適用の治療と比較し、費用がかかることになる。



治療あれこれ

医療費控除

健康保険、医療費控除は、麻布合同事務所のページへリンクされています。