トップページサイトについて掲載について問合せサイトマップ歯科関係の方へ

保険診療と自費診療


保険と自費(保険外)の虫歯治療の違い

保険診療

保険診療とは、会社や市区町村などで加入している健康保険を適用して治療を行い、その治療費の患者一部負担金(通常、治療費の3割負担)を支払っていけばよい診療のことです。
残りの治療費(通常、治療費の7割部分)は、国や市区町村、健保組合が負担することになります。
従って、その治療内容には制限があり、保険適用できるものは、その材料や治療方法が限定されることになります。
保険診療の場合、治療そのものに重点が置かれているため、治療費を抑制する観点から規定されている材料も比較的安価なもので、その見た目にはあまり重点は置かれていません。

自費(保険外)診療

自費診療とは、加入している保険を適用しない(正確には、適用できない)で、治療費全額を自己負担してもらうことにより行う診療のことです。
保険適用の場合と違って、その治療内容には保険診療上の制限はなく、各歯科医院、ドクターの専門等により、その内容はさまざまです。
その治療は、機能を重視したものから、外見を重視した(自然体の歯と同様の)ものなど、多岐に渡っており、価格帯にも幅が見られます。



治療あれこれ

医療費控除

健康保険、医療費控除は、麻布合同事務所のページへリンクされています。